カテゴリ: 食べたいもの

北村さん


本年度の渡辺晋賞を受賞された

シスカンパニーの北村明子さんと会食。 

言わずと知れた大演劇プロデューサーた。

 

僕にとっては、トリビアの泉という番組での高橋克美さん、八嶋智人さんの社長であり、その昔は大竹しのぶさんと久本雅美さんで一緒に番組を作っていたのです。

 

夫婦ですっかり時間を忘れてお話しさせていただきました。

天ぷらのかねき、美味しかった。

お座敷天ぷらなんてどれくらい久しぶりだろう。

 

シスカンパニーは女性だけのスタッフで有名だが、この業界まだまだ男性中心のところもあり、ご苦労も多いと思いますが、北村さんの男性的な行動力には何時も脱帽です。

 

うーん、久しぶりに

いいな、と思った店



恵比寿に同名の 鮨 小野というのが

あるので

検索にもかからず損してると思うのだが

一年半くらい前から

広尾で気になっていた鮨屋に伺えた。



夕方6時ころ

飛び込みで


もとは

麻布十番のお店で

修行されたそうで


いい感じの大衆性がある。



求道的な

鮨屋でございます

もない代わりに

あるものは

ちゃんとしたものが

あります

と言った感じ



隣席は

大学教授夫妻のようだったが

地元民で

悠々自適とはこのことか


気負いもなく

しかし

プライドのある様子は

最近みない清々しさで


以外と満足した


恵比寿の同名店は

伺ったことはないが

(予約の対応がいつも失礼であまり食い下がれない)


こちらはお勧めかも・・・

実家に顔を出し

ついてに、と言ってはなんだが

東京でも話題の

カレー鍋の本店 伝心望へ行ってみた。




鍋自体は2000円で

安いものだが

ほかに、居酒屋メニューのようなものもあり

なかなか、新鮮で充実していた。



客は若い人ばかりで

ちょっと浮いている。



追加で食材を注文して

いろいろ試してみた・・・・・

一番はトマト。

カレーなんだから当たり前だが

鍋だと思うと不思議で、画期的な感じがする。



4人で約20000円

これって、高いのか安いのか

判断がつきかねる。



翌日

新幹線に乗る前

ちょっと時間があったので

大阪、新世界にある

串カツの店だるまの姫路店。



ここも激安である。


20本近く串カツ類をいただき

焼酎をたらふくで

3000円。


おいしくて安いが常識の時代になっている。



とくに、東京以外はそんな感じ

気取ってみても仕方がない。



そういえば

軽井沢の田村さんところも

東京の感覚からすると

とても、リーズナブルな価格設定だと思う。



東京に帰るのが嫌になった。

↑このページのトップヘ