カテゴリ: 見たもの

木村太郎さんのクールな解説にしびれる。

少なくともちょっと鼻で笑われた感じになってもずっと
トランプありうると、テレビで仰っていた。

だれも日本のことなど優先して考えてくれるわけじゃない。
俺たちはこうする、日本も考えてくれ。
これがアメリカの結論。

移民に厳しいからアメリカらしくないなどと批判しても、世界で一番移民に冷たいのはわが国であり、英国にしても当方より開かれている。なにより政治業界の人でなくとも正直に自分の意見を言うことに見習うべき点はあるかもしれない。

多くの不安を抱かせながら。
いずれにしても自由に考える権利だけは守りたい。

KAATの通称で知られる神奈川芸術劇場へ。なんでこんなに偶然があるのか、と思う遭遇。
先日出川哲朗と話したばかりの日テレ土屋さんと。
思わず、写真。

バッタリ遭遇は
例の飲み屋と、先年ポールマッカートニーの国立競技場でのコンサートが当日キャンセルになった日渋谷のシアターイメージフォーラムでアクトオブキリングを見に行ったら土屋さん親子と会ったのだ。

どこかで通じる気持ちで。

image

青山円形劇場で
イキウメ 太陽を見た。

いきなりSFなのであるが
人類の宿命を比喩的にあらわした
二つの種の対立のなかに
生命と集団の関係が
よく描かれている。
永遠の生命をもつ吸血鬼の話でもあり
異種のものの共生と葛藤の話でもある。

前川知広恐るべし。
素晴らしい才能を再認識。


こちらに
安井順平くんが
出演しているのだが

こんな、重要なメッセージを発する役だとは
思わなかった。
名演だと思う。

途中で
顔がミスタースポックみたいに見えたので
終演後に言ったら
まさに
人間ではないのに
まさに、人間的なるものをもった
スポックを意識したのだとか。







最後には
会場からすすり泣きが・・・

27日まで青山円形劇場

そのあとは大阪ABCホールだそうだ。


↑このページのトップヘ