2016年04月

以下は再掲になる

吉田正樹事務所と名乗ったはいいが

特に仕事はない。
手持無沙汰な毎日である。
フジテレビを辞める少し前
一人の放送作家がボクを訪ねてきていた。
殿様のフェロモン時代から、そして

それ以降も企画書の作り方が上手で

いろいろ気にかけていた

岩崎夏海くんである。
秋元康さんの弟子で
放送作家でもあり
番組のプロデュースなども手伝っていたはずである。

現在では

もしドラの作家として

日本中が知るところとなったわけだが

当時は何をしているのかよくわからない

存在であった。
話を聞いてみると

既に秋元さんのところは離れており

一年前くらいから神田のゲーム会社と仕事をしているようだ。
うまくいってることも
いまいちなこともあるのだろうな、と感じながら

人生の不思議な味わいを感じていると

不意に彼は

吉田正樹事務所に入りたいと言い出した・・・・・

一人で何をやっていいかわからない訳で

まして誰かを雇って給料を支払う勇気もない。
思わず

絶句するボクなのであった・・・・


以上は4年前の記事なのであるが
いま記憶を呼び戻してみると
電話をしてみたのはこちらからで
フジテレビ時代に付き合った多くのクリエーターに
連絡をとって、その関係を確かめようとしていたのに違いない。

何かを変えたかった岩崎君にとっては
チャンスでもあり、きっかけだったのかも知れないし
あるいは、TVプロデューサーから逸脱しようとする僕に興味を持ったのだろう。 

それにしても
少し様子が見えてからで、という僕に
吉田正樹事務所の一号であることに意義があるのですよ、という岩崎君。

給料はどうする、とか
社員ってどうしたら雇えるの、と途方に暮れるのであった。


一方で
独りぼっちは不安で
仲間がほしい気持ちはある。

実際に
オフィスが中目黒に開設できたのは3月で
稼働もそれからになるのだが
この直後は少々イライラもしており、
自分自身との葛藤で、
乱れた気持だったことは確かだ。

IMG_2313

3月にできたオフィス。
ここに岩崎君が座ることになった。





 

2009年1月1日付けでフジテレビを退社した。

爆笑ヒットパレードの打ち上げのリハーサル室で
上司の港浩一さんから辞令を受け取った。
この生放送とこの夜のかくし芸を
フジテレビ社員としての最後の仕事にする為に
こんな日付にしたのだ。

年末年始の番組を
ずっと担当してきた。


1983年に入社して翌年制作部に異動してから
元日も休んだことはない。
特にこの爆笑ヒットパレードには演芸人としての思い出が随分ある。

1985年のこの番組から担当してきたという記憶があるが
その年の司会は、たけし・さんまだった。

当時、ひょうきん族やいいともの出演者がオープニングで
タップダンスで登場して勢ぞろいになるという演出に
年末はずっとリハーサルを繰り返した。
この部分の演出は永峰明さんだったはずである。

全体としては、ネタ番組だったが
時代を切り取るジャーナリズムとしての要素もあり
あるいはショウアップされたエンターテインメントとして
実に手間ひまかけたテレビのショウ番組だった。


このあたり、最近の番組制作のマインドとは隔世の感があり
近頃は少し、残念な気分なのだ。


さて2009年の元日は木曜日だったから
仕事始めは1月の5日、月曜日ということになる。

手帳をめくると
2日から冬の軽井沢に出かけて休暇をとっている。

27年間の会社員生活の最後かと思うと随分小ぶりだが
なにしろ、年末年始をずっと仕事してきたので
なんの、準備もできてない。


フジテレビバラエティー制作センターの
部長席も全く整理できておらず
退職後なのにゆっくり片づけることになっていた。

5日にフジテレビの13階を訪れると
そこには花が届いていた。



送り主はSMAP

元日に届けられたらしく少し萎れてはいたが
心が温かくなったのだった。

嬉しくなって
写真を撮った。

IMG_2253
 
背後の高視聴率を祝う紙の
数字がちょっと懐かしいものがある。 

やはり、スマホでは長文が書けず、
以前スラスラ書いていた気持ちになれない。

九州は地震で大変だったが、
こんな時はいつも自粛と言わないで
なるたけ此方は普段通りに
生産活動に従事して
だからこその支援が出来るように
頑張ろうとしている。

こんな時だからこその
通常通りなのだが
やはり、娯楽とかエンタメとかは
なかなかタイミングが難しい。
いろんな見送りや
残念な雰囲気も多くある。

また、別の観点からいえば

先のことを考えながら
仕込みや、立ち上げを
日々進めておかなければならない。

厚切りジェイソンとの
既に決まっていたミーティングも
未来のためにはしっかりとやっておくのだった。

被災地にも
日本人にも
1日も早く日常が取り戻せますように。image

↑このページのトップヘ