2010年10月

今回の旅では

大神神宮のほか

平城京の跡

法華寺の十一面観音

海竜王寺

興福寺の五重塔


熱田神宮など


神の、仏のおわしますところを

廻ったことになる。



大和の空は広く

古代人のおおらかさに

さまざまな救いのあり方

そんなものを五感に触れながら

ゆっくりと、さびた時間を楽しんだ。



夜は、朝は、昼は

相変わらずの大食漢であったが

アルリコルドでお願いした

生きてて良かったと

思える白ワインという

無茶な注文に出していただいた

イタリア、トスカーナの

若者にもわかりやすい

白が

妙に印象に残っている・・・・・



今も

自分がここにいて

生きててることの喜びが

感じられるような

年頃になった。


不思議な気分だが


感謝する気持ち



三輪山で手を合わせたときに

逆にありがたいと

思える気持ちになった


幸せを

分かち合いたいと

思うのであった・・・・

大神(おおみわ)神社に行ってきた。


しばらく低調の体調改善

そして、ある「新番組」での

パワーアイテム収集の旅である。


早朝に大阪を出て

JRで奈良駅へ

そこから万葉まほろば線に乗り換えて

三輪駅から徒歩圏にある。


ご神体は

三輪山で全山が杉と松、檜に覆われ

髪が鎮まる聖なるやまである。


大国主神が大物主大神として

魂をこの山に鎮めている。



駅から徒歩で向かったが

近ずくにつれ

どんどん気分がよくなる。


拝殿についた頃は

すっかり頭痛もおさまって体が軽い。

その拝殿の美しいこと・・・



参拝したあとは

薬井戸で薬水をいただいて

飲んでみる。

なんとなく柔らかい水だ。


今度は三輪山に登拝してみたい。

ツイッターの最近






多様な価値が認められることがテレビのよいところ。独裁や独善ではいい番組はできません。しかし誰かが情熱をもって取り組まないとできないのも事実。企画の決定者は価値の多様性を認め、実行者は狂気をもって制作することなんだ



  •  
    次の時代の人を批判してはいけない。ちゃんと導かなければと思う。しかしテレビもいつの間にか新しい産業でなくなり、倒される側になったのかもしれない @Kuni92ko  



  •  
    国会中継を見ていると話してる人じゃなく、映っていることを意識していない映っている議員のことが面白くてしょうがない。喜劇の本質はここにある。



  •  
    大多さんとも周縁部から中心に向かって変化の波を送るということについては一致した。



  •  
    昨夜フジテレビの元編成幹部と会食。テレビのことなどじっくりと話した。やはりテーマは周縁部から変化を図らねばということ。



  •  
    テレビを憂う気持ちもあるが常に現代が一番正しいと自分に言い聞かせている。昔はよかったと言い始めた時に未来を放棄することになるから。昔がよかったわけではないそう悪くはなかったというだけだ・・・・・








  •  
    ちょっと危機感はある。
  •  
    昨日の大多さんとの話のなかでもフジテレビらしさとは何か、について多くを語ってもらった
  •  
    追記 わからぬではないが、60年のテレビ史の中ではいろいろあって当然かな @mk_ishi いまのテレビを愛せますか。お台場明石城辺りまではテレビっ子だった私には、いまのテレビはテレビを侮辱してるようで、いたたまれないです 



  •  
    いまのフジテレビバラエティーの中心人物でしょうね @s_tvsp 吉田さんの部下であった片岡飛鳥氏はいまめちゃイケにどのような関わり方をしてるのですか??企画統括というのは…? 



  •  
    そういう考えもわからぬではなし 涙・・・・ @mk_ishi  

↑このページのトップヘ