2010年05月

すっかりブログの更新を

サボっている。


ついつい

ツイートしたらそれでお腹いっぱい

そんな感じになってしまうのだ。


いろいろ見たり

食ったりしている。


渋谷文化村で

映画 オーケストラを見た。


そもそも

偽のオーケストラが

海外公演へでかけるという

荒唐無稽な設定の映画だから

いわゆる、この映画は実話をもとにして製作されました・・・的な

重厚長大さはない。



しかし

おもしろかった。

国が滅んだ後の欠落感

その犠牲になった人々の埋められない気持

そんなものが、じんわり伝わってきて・・・

おまけにエンタメ界の駆け引きにありがちな

ベタな笑いが満載で、普通の人には

むしろこちらのほうが荒唐無稽に見えると思うが

僕たちにはあるあるネタみたいだった。



チャイコフスキーのバイオリン協奏曲は

中学生のころ毎日のように聞いた。

懐かしくもありつつ

いい曲だ


(笑)的には

全部楽しめたが

グッバイレーニンみたいな

国家と個人の悲劇と喜劇の逆転みたいな感じが

もう少しあれば

大絶賛したことだろう。



横浜アリーナで見た

テニスの王子様ドリームライブ最終日は

1万2千人の大観衆で

最近3階の後ろまであそこまでぎっしりというのは

久しぶりの体験だ


初代の青春学園チームが登場で

(ちなみに現チームは5代目)

柳浩太郎君が姿を現したときは

泣けた・・・・・


男の子しかでないミュージカルだし

こんなのは

テレビでは見れない


世の中には

現場に行かないと

気がつかないものもある、という代表例。


コメントしていなかったが

銀河劇場で観た

ローマの休日の舞台版は素晴らしかった。


三時間近い長尺だが

一瞬も飽きる時もなく

楽しめた。


吉田栄作含め三人の出演者のみ



映画に

舞台の原作のようなものがあったら

ということらしいが

マッカーシー旋風のことなど

時代相もよく入れて

深みのある舞台であった。



さすがの

マキノノゾミさんの演出だ。


まだまだ地方での

上演もあるようで

ご覧になれたらと思う。

芝居の後

最近気に入っている

赤坂の居酒屋まるしげ夢葉家へ。

満席だが個室が空いていたので

幸運にも楽しめた。


実質がある店で気取らず楽しい。



フジテレビの局長と

広尾の玉木

此方も、個室を最初から予約したが

味もよし部屋もよし。


たまたま人事の話に花がさいた。



撮影監督としては

有名すぎるほどの人であったが

生涯一本だけの監督に挑戦し

大成功、素晴らしい作品になった

木村大作さんと

平河町の中置で

さまざまな映画賞と叙勲の

お祝いで会食。


こんなおもしろくて立派な

映画人と語り合えて幸せだった。


剣岳という映画は

作品はもちろん凄いが

ぜひ、メイキング映画のほうをご覧になることを

お勧めする。

そこには、木村大作がいかに映画を

魂で作っているかが感じられるだろう。



まさに、もう一作くらいは

こしらえてほしいのだ・・・・


翌日は

友人のご夫妻と

天現寺の青草窠で会食。



有名人ご夫妻なので新しい店を

ご紹介した。

こちらは、彗星の如く現れた日本料理

じっくり味わいたいものだ。





週末は

白金のわ田で天ぷら。


SBI関係者と楽しく気楽な会。

山盛りで出てくる天ぷらのイメージで伺ったが

なにしろ、美味しいので

てんぷらの前に食べ過ぎになる。

最後にタケノコご飯。



まだまだ、

ダイエットには道遠し。

↑このページのトップヘ