2008年11月

もう、そこに

12月が・・・・


監査法人 DVD-BOX
¥8,857
Amazon.co.jp


せたPからご推薦のDVD。



NHKも意欲的なドラマだが

ハゲタカは絶賛しても

こちらは

いろいろ、ある。


そもそも経済ドラマはNHKの独壇場で

通常の人間ドラマだけでなく

個人が抗えない

時代の変化が主役であることが多い。


監査法人が

時代の転換点で

企業を滅ぼしてしまい

自らも滅びてしまう



まさに

エンロンをめぐってアメリカで起こり

日本でもいくつかの事例があるように

近来のホットなテーマだとは思う。


しかし、このドラマで

描かれている現象はまだまだ

こなれていないようだ。


放送時に見た感想は

あくまで脇役の監査法人を

無理やりに主役にしたことが

失敗だったということだった。


逆の視点で

ドラマが作られていたら

この、変化の結び目はもっと

現実味を持って感じられ、

監査法人自体の悲劇性も際立ったのにと

残念でならない。



ハゲタカが

拮抗する時代の思いと勢力を

人間に託して描くことに成功していたのとは

かなりの差がある。



しかしながら

放送時より

さらに監査法人は

その責任に

ビビりまくっているし

実体経済は

そんな監査法人の逃げで

弱りまくっている。



あーあ、という感じで

ご覧になる楽しみもあるだろう。


おそらくは

ここに提示されている

諸問題がいやな形ですべて発生し、



僕たちは

過去も現在もまるで答え合わせを

見るように腑に落ちることができるのだから。







SOHOで朝ごはん。

新しい大統領が決まった

アメリカは新しい空気。

BALTHAZAR。



マチネーは

インザハイツ。

よくできた作品で感動したが

いま一つ乗り切れず残念。


夕食をレストラン日本でいただいて

最後の演目は

二都物語。

ほんとうに

レミゼラブルの世界にそっくり。

最後は辟易したが

堂々たるものである。


これまた最後の

夜は

ガンズブートホテルのバーで

ロマンチックに・・・


来年は

いつ来れるのか。



11月4日は

アメリカ大統領選挙。

街は選挙一色で

地下鉄に乗ろうとしたら子供たちに

投票を呼びかける

ビラを渡された。


オバマ有利の報道だが

ニューヨークの町も変革の予感。


夜はまたオフブロードウェイ。

パブリックシアター内の

ニューマンシアターで

ROAD SHOWというミュージカル。


すっかり勉強モードで見た。

意欲作だが

日本人には少々つらいものがある。


ビレッジに移動して

ブルーヒル。

これは最高においしい。

適当に気取っていて

適当にリラックスさせてくれる。

ニューヨークレストラン体験の中でも

結構上位だ。




↑このページのトップヘ