2008年07月

コメントはそもそも少ないブログだが

たまには、お答えしないとと思う。


まあ、仕事で得た情報や

付随する交遊での事柄を書くことが多い。


きわめて個人的に

思うことなどあるのはもちろんだが

ま、そこまで過激な気持ちになる必要もあるまいと

自分を抑えるのに必死である。


このあたりの微妙な気持ちの揺れは

1998年ころから

番組のBBSを中心にネットと

絡んできたからだろう。

あまり正直でも、あまり作りすぎても

ネットの上では不具合になる。

適度な整理の仕方が大切だと思っている。


もし

このブログを読んでくださって

筆者に興味を持っていただいたら

フジテレビの公式ページや

いろんな実名取材も参照にしていただければ

幸いである。


ここでは

あくまでも

煩悩に苦しみながら

さすらっている小市民の

くだらない懊悩を書き綴っているわけである。

ここで

表現したいと思っていることが

あるとしたら

日常の背後にある

自分に対する悲しみ以外の何者でもない。


なにがご教授願えれば幸いである。


こころに決めていることが

ひとつある。


減酒だの帯状疱疹など

心身ともに

今年は波乱含みだが

大殺界の最後の年として

耐えていくべきなのだろう。

そして

来る50歳を前に

人生のありかたを

問い直す時期が来ている。


さすらうものの宿命として

シッダールタもそうであったように

自分の彷徨の出発点に戻ってくる。


捜し求めていたものは

自分自身の中にある。


いつまでも

さすらってばかりいられないか・・・・・・



帯状疱疹の薬を飲む。


三叉神経に来ているので

アタマが痛い。

おまけに扁桃腺もはれているので

肩こりなんだか

頭痛なんだか分からない。

眼科でもらった

塗り薬を眼球に塗るのですが

これはこれで、グロテスクな感情を沸き起こらせてくれる。


一週間もたつと

少しは和らいできた。


天現寺のアンゴロでご飯

イタリアンとしては少々気取り気味だが

居心地はいい。



肉が無性に欲しくなり

三宿トラジへ。

下北沢へまわって、うちわ。

駅前市場のなかは

屋台こそ無くなったが昔からの商店が

結構、飲み屋として

再生されている。

その中の一軒で500円のショットワインバーへ。


帰りに路上でいすを出して

熱い議論を交わしている若者を発見。

誰かと思えば、キングコングの西野くん。

M-1頑張りますよと燃えていた。



↑このページのトップヘ