2008年03月

井雪に至るまでのさすらいをまとめておこう。


ハモネプ(4月7日放送)収録後で

西麻布甲賀。新しく店を開いた蕎麦屋である。

砂場の系統らしいが、残念ながらフロアの若者がイマイチ気が利かない。

そば自体は悪くないのに・・・・


とにかく花粉症で食事にたいする情熱が減少


祭日に久々のすしまさ。

鮨はすんなり入る。


浅草へ行った帰りに

西浅草の鎌寿司。






街場のフツウの鮨屋に見えるがいろいろ工夫のあとがある。

常連中心のようで

居酒屋のように飲んでいた。

謙虚に頂いてひととおり楽しんだ。


東京バーディークラブのあと

若者とやきやき三輪。

ワインと肉を中心に頼んだら結構お高い。

まさに高級店だな・・・・


さとなおさん のところに

渋谷ではたらく藤田社長 との会食の話が書かれたので

大勢の人が(1000人くらいか)

新規にここを訪問してくれた。


井雪は久しぶりの訪問。

おいしかったなあ。

しかし花粉症の薬で眠いのと

なんとなく顔が腫れているので

イマイチこころから味わえない。


おふたりは初会合であるが

そもそも、藤田さんとボクがふたりで、こうもとで蕎麦を食っているとき

偶然に、美人編集者と一緒にいらっしゃったさとなおさんを

ご紹介した記憶がある。

(このこうもとも秘密の場所だったが、先にさとなおさんが書いたからね)


それで、

さとなおさんの名著

明日の広告の話につながり

渋谷ではたらく社長アメブロで紹介となり

今回の会合とあいなった。


それにしても

明日の広告の評判は凄い。

昨日もココでの推薦を読んで

買いました、目からウロコでしたという

若者がやってきた。


2軒目は

六本木龍土町の

BANQUE

ワインがさくさく咽喉を通り過ぎた。






どうしたのか、と思うほど更新しなかった。

悲しいことが

いっぱいあったから、だろうか・・・・


親しくしていた若者が

入社試験を落っこった。

残念だが仕方がない、もう一歩のところだったが

人生にはまさかがある。

来年またチャレンジする決意のようだが

会社や試験がすべてではない

自分のやるべき運命の力にむかって

がんばってもらいたい。

 

そして、

ホワイトのミーコさんが逝去。

先月お店に伺おうとしたらお休みだった。


去年12月にU君と伺ったのが

最後になった・・・・

小僧のころから

見てもらっているママに

なんども叱られたことが思い出される。

それでも25年の長きにわたって

叱られに通ったものだ。


お別れの会は

お店で大勢の有名人も集って行われた

等しく有名も無名も

老いも若きも

それぞれの思い出を胸に

ここにいなくなってしまったミーコさんを悼んで

しばらくの時を過ごしたのだった。


みなさんの

ちょっとウロタえた感じの顔が印象的だった。

ボクも信じられなくて

うろたえていたのだろう。





↑このページのトップヘ