2008年01月

新年会で

石頭楼。

謎の韓国風の鍋だが妙に嵌る。

六本木のマンションの一室で営業中。


ちょっと2次会のつもりが

キラー通りの店で2人でワイン2本。


内幸町ホールで

桂吉弥さんの落語の会

たちきれ線香とかぜうどん

ちりとてちんブームとあって満席。

DVDを頂く。


ひさしぶりに

西麻布コット。

オムライスまでちゃんとなぞっておいた。


ドラリオン初日に

訪問。

さすがに見ごたえがある。




T&M社の芳賀社長のご案内で

赤坂 菊の井。

以前鮎のシーズンに行ったことがある。

1階はわりと騒然とした感じで

エントランスへのアプローチが

高級感溢れる竹林風のわりには

意外な感じのみせと

記憶している。


今回は

2階の茶室でいただいた。

料理は力強い。

印象的な味だ。

最後のアナゴご飯まで

楽しく頂いた。

香住の芝山漁港の蟹や

フカヒレやすっぽんなど高級食材の嵐に

さぞかしお値段もと思ったら

モチロン安くはないが

納得のいくもので

もっと気軽に利用してもいいのではないかという思いがした。

ゴチソウになっておきながらこんな感想も失礼だが・・・


翌日は

打ち上げ&キックオフの鍋会。

またまたカニが登場。

昨日と同じく船の名前が書いてあるタグ。

こちらも美味しい。

その後はハリハリ鍋。

鯨肉にたっぷりのミズナ。

生姜の味でもりもりと食う。

大汗かいて活力も出ようというものだ。


菊の井の前に

代官山で行われたさる業界の大立者のパーティー。

横綱 朝青龍とお会いした。

初対面ではないが挨拶すると思い出してくれ

物凄くフレンドリー。

この人はいいひとだと実感させるオーラがあった。

相当誤解されていると思うが

何回か酒席も一緒に居た経験も含めていうと

日本人より日本人だと思う。

今の日本の若者より大人です。


是非優勝してもらいたい。



後楽園プリズムホールで

新しいゴーオンジャーの発表ステージ

ゲキレンジャーも一年前にここで見た。

なかなか楽しみな

一年になりそう。


夕刻

下北沢へ

本多劇場でSOHJI


石井君好演。


柳浩太郎はゾクゾク来る

存在のあり方。


終演後近所で

すこし焼酎を飲んで帰宅。


毎日寒くて

いやな気分。

世界が不景気風に包まれていくのか


暖かさを求めて

ファイブハンドレッドでゴルフ。

ここは冬でも結構暖かい。


↑このページのトップヘ