2006年10月

週末は軽井沢。


シンケンチク小林父子と打ち合わせ。


プリンスホテルの南館に宿泊。

ここは子供たちは入れない。大人オンリーだ。


無彩庵で夕食。

なかなかフィーリングとして自分にあう。

田村シェフも登場。


エルミタージュ・ド・タムラに移動して

ワインもう一本。

奥様とも歓談しすっかり酔っ払って

帰還。

熟睡。


翌朝プリンスのゴルフコースを眺めながら

朝飯。

南が丘周辺を散策して帰京。




夕方からTBS近所の

赤坂の有名作家事務所で

作家の卵たち面接。


ちっとも自分を売り込めない病だ。

イマドキの若者と

ひとくくりにするのもなんだが、あまりにも自己PRが下手糞。

そもそも、という説教になってしまった。

翌週の月曜日に呼びつけて

仕事場の実際を見せることにして終了。

こんなアンチサラリーマン的な仕事なのになあと思う。

かつてはヨイショだけでも仕事を取っていった作家がいたが・・


その後赤坂ふぐめうがで

ふぐを食す。檜町といわれた界隈のなんでもない

ビルの地下にある。

奥の座敷が賑やかだと思ったら

なんと有名司会者のSグチさんのご一行様。

あわててご挨拶した。

ご自分の特番チームに自腹でゴチだそうで

頭が下がる。


ここの刺身は厚く切ることで有名で

塩で食べるのも面白い。

唐揚、焼河豚なども

もちろんおいしい。

某夕刊紙で悪口書かれたそうだが別段常連さんは

気にする風もなし。

しかし青山司、六本木味満んと親戚というのには

やっぱり半分、驚き半分。


ワイン2本あけて

連れていって下さった方が

すっかり酔っ払っていた。

近くのバーに行くも早々に退散。


朝から忙しく仕事であちこちを

グルグル。


夕刻から帝国ホテルでパーティー。

多くの仲間と記者さんたち。

パーティーでは全く食べられもせず、飲みもせず。


ひとりになったので

銀座まで歩いて大羽

刺身は烏賊、シメサバ、マグロ

かぼちゃ、椎茸肉詰め

牡蠣フライ、イクラご飯。

焼酎すこし。


翌日は業界の大コンペ。

グリッサンドまでは一時間くらいで着く。

成田から10分くらい。

天気がいい。

成績は真ん中くらいだが緊張して先週より

14打も悪い。

寒いと思って長袖にしたら画期的に暑い一日。


よる、西麻布コット。四名。


いろいろのお礼の会食。

わりと量は控えめにした。

ワインは2本

キャロウェイの赤を飲んだ。





↑このページのトップヘ