2006年09月

恒例になった不思議な男4人の会

もう3回目になった今回は蒲田のお好み焼き。

池上線の蓮沼駅から至近の福竹


まったくユニークそのもの。

ちょっとコントに登場するみたいなお店であった。

最大の特徴はおばちゃんが喋りっぱなしで、

こだわりきった自分の理論と方法で焼いてくれる。

確かに理にかなっており、おいしい。

ふくたけ天ダブルを待つ間に

はんぺん、砂肝、ピーマン、ジャガイモ、ハムステーキなどを焼いて食べる。

はんぺんなど新鮮な印象だが

すべてにバター。追いバター。

殆ど禁止食品であるバターを3年分食べた雰囲気。

それを熱したマヨネーズにつけて食べたりするからちょっとドキドキした。


お好み焼きは鉄板の温度調節と空気の入り方という

おばちゃん理論にはほぼ大賛成。さくさくして旨し。

さらにピザ風、激カレーなど変りお好みもいい。


4人の大人が3時間殆ど喋らず(けっこうおしゃべりなメンバーだと思うが)

おばちゃんが、ちょっとモノをとりに行ったスキに

CMタイム~!といっては少しお話。


大森テンダリーでその分お話。梨のカクテル。

素敵な店だった。


次回は西麻布。

ちょっと困ったなあ。





日常の仕事も

特番の嵐。

生放送のスペシャルがあり

幕張メッセ

しゅうまい弁当のみ。

すこし、差し入れのおつな鮨。

お稲荷さんの皮が裏返してあるものだが

業界人は裏を食う(裏番組を打倒する)というシャレで

差し入れや楽屋見舞いによく使うのである。


翌日は秋葉原H社長と打ち合わせで

テレ朝通りの鮨屋へ。

久しぶりの山路

赤いじゅうたんもそのまま。

ちょっと昔よりインパクトが減少という印象だ。

お酒が進みすぎ。


もう一軒

ということで二人で

エスペランスへ久しぶり。


ちょうど小山薫堂氏のブログで

アンリ・ジャイエの逝去を痛んでエシェゾーを

飲んだ話を読んだばかりだったので店主の

成田さんに

アンリジャイエを甘えてリクエストするも

こんな酔っ払いに飲ませる

ジャイエはないとばかりに

いなされてしまった。




晴れたので池間島へ。

島をつなぐ橋が素晴らしい。

珊瑚の海へグラスボートにも乗る。

雪塩の工場で購入。



夜はおふくろ亭

有名な店らしいが随分親切にしてもらった。

量が多いのでコースがお奨め。

味は品良くおいしい。

有名人来店多数らしい。

またまた代行運転依頼。


最終日は早めに那覇へ。

モノレールにも乗ってみたが

なかなか快適。ただちょっと大回りする。

国際通り

タイ式マッサージのガジュマルで頭のマッサージ。

素晴らしくリラックス。

桜坂界隈から壷屋どおりを散策。


DFSに寄って買い物。

フードコートが面白い。

いわば屋台村みたいなもんだが

ゲーム感覚で楽しめる。


↑このページのトップヘ