2004年10月

西麻布のやきやき三輪でかきをたべる。
おいしい。
ここの若者たちは気持ちがいい。
一緒に遊ぶのを約束した。
Aサインバーでもおんなじこと言ってるね。
こうなったら合同で飲み会食べ歩きしよう。

ますます、ここのところ地元民らしくなっている。

広尾商店街の沖縄料理花唄でも、
ひとり沖縄そばしちゃってる。
ここは平日3時までなので遅い時間に
沖縄のすば(さとなお氏によればこう発音。Aサインバーで確かめたら
ほんとにそうらしい)を〆に食するのに便利だ。

このブログどんどん食い物に寄ってるね。
番組と同じくグルメは数字に繋がるかな。



このあいだから自宅近所の鮨屋にいく。
これまでよく足を運ぶのは
西麻布の小笹を筆頭に
ゆう田花井和心
といったところでした。

すし景色なんてのもあります。
昔は、たかにもよく行った。
若いヒトと一緒のときは
笄町の葵すしすしなど。


近いところに鮓広瀬が開業した。
早速行ってみた。
むかしのつくしビルである。
ヒカリモノが充実した実質的なよい鮨屋であった。
値段と中味のバランスが大事だと思う。

ボクはうに、いくら、あわび、大トロなど
高価なねたはあまり食べない。
一番好きなのはコハダ、とりわけシンコである。
サバ、アジ、サンマ、カスゴ、など締めたもの

トロは絶対いいものを出してくれる
超高級店でしか食べない。
中途半端な町場の鮨屋より
回転すしのほうが楽しいと思う。

広尾の駅前の某すし屋では
味、雰囲気、サービス、値段
すべてが最悪で
日本の中小の家族経営の志の無さを
まざまざと見せられてしまった。

取り残されていく商売が、残念だけど
ここにも、ある。


朝から会議の連続である。
戦略会議はじめかかわっている
いくつかのプロジェクトごとに会議がある。

6個目の会議が終わると
司会者のM氏にご挨拶。
その後19時からのパーティーに大急ぎで出席と
ばたばたした一日だ。

渋谷ではたらくF社長が15分おきのアポの話をしていたが
まあそれに比べりゃましなほうかも。

ヒトと会うのが厭なヒトや苦手なヒトは
この業界合いませんね。

地下鉄で広尾駅まで帰る。
もう夜は肌寒い気がする。
妻はもう2週間くらい風邪を引きっぱなしだ。

基はといえばボクのが移ったのだが
台風や気温の変化でちっともよくならない。
すかっとならないもんですかね。

地震は思いのほか大きな被害が続いている。
阪神・淡路のときと同じく
関係ない遠いところと思わず、そして終わったことと
勘違いしない努力が必要だろう。

マスコミは過剰になりがちだが
一過性になってはいけない。
過不足無くしかも粘り強く継続的に
事態を伝える必要があるだろう。

今日の食事は掻き揚げそば
夜はドライカレー
地味だった。


↑このページのトップヘ