大手芸能事務所「ワタナベエンターテインメント社」が、千葉道場の仲間の「スペースマーケット社」に投資、提携を発表しました!
お気づきの通り、僕が仲介役として妄想したものが実現しました。
ワタナベ吉田正樹会長、スペースマーケット重松 大輔CEO、おめでとうございます㊗️

実は、これは自分自身の新しい壮大な実証実験の一環です。

僕は昨年12月に、文化人枠としてワタナベエンターテインメント社とマネジメント契約をしまして、テレビやラジオなど様々ないお仕事をお受けして、今まで自分が未経験だったタレント仕事の1年生を自分の実証実験として取り組みました。結果、マスメディアの力を再確認できたこと、その難しさ、そして末端ながらも芸能事務所所属したことで芸能の世界のお話もたくさん聞けたこと。なによりも、ワタナベの吉田会長と本当に懇意に様々な意見交換をし続けてこれたこと。自分にとって飛行機操縦訓練と同じくらい、「異世界」を勉強させて頂けました。吉田会長とのディスカッションの中でわかったことがあります。それは、

「歴史ある芸能事務所と、スタートアップ投資支援は同じだ」

ということ。有名ミュージシャンもアイドルも芸人さんも、昔は無名の新人でした。それを誰よりも先に発掘し、才能に磨きをかけるために、様々なトレーニング投資を行い、小さくてもデビューさせ経験を積ませ、世の中に認められることで、テレビ露出が増え、「有名タレント」になっていく。成功がある。これって、起業家が1人や2〜3人でコンビを結成して、夢を語り、ネタを考え、それを様々なエンジェル投資家にアピールして才能を認めてもらうようがんばり、誰か投資家に認められ(リード投資家)、紆余曲折ありながらも成長していくその姿は、大手芸能事務所が昔ながらに様々な才能を持ったタレントを発掘、育ててきたことと、全く同じです。

大手芸能事務所のリソースは
・幅広い分野の多くの才能を持った「タレント」たち
・テレビ番組を中心とした強いメディアリレーション「拡散力」
・演劇などするためのイベントスペース

レイター期のスタートアップのリソースは
・起業家であるCEOと、経営陣CxOの強い個性の「タレント性」
・プロダクトや会社、CEOのSNSや直接登録などのユーザ接点パワー
・完成度が成熟しつつあるプロダクトそのもの

2者は、全く異なる業界なのに、強みもリソースも近いのです。協業シナジーは、抜群だと思ってます。その第一弾が本件です。詳細はぜき記事をご覧ください。

同じようなアセットと強みを持つ両者なのに、活動する業界が異なりすぎるので、相互にリソースを共有、活用することで、メリットが設計しやすいのです。

また、そもそも芸能事務所は、新人発掘から育成を事業のコアの強みにおいているため、本質的にスタートアップとの付き合いは得意です。

今回、自分自身が選んだのは、ワタナベエンターテインメントでしたが、吉田会長自身がテレビ・芸能業界だけでなく、実はSBIでの投資家経験がとても深いことが、きっかけです。投資家とテレビ・芸能事務所の2面のご経験を持つ吉田さんと沢山のディスカッションができたからこそ、今回の気づきを得たわけです。

しかも、この2人の出会いを創ってくれたのは、みずほ銀行のおおひつ なおとさんです。類稀なる直感で、吉田会長と千葉をくっつけてくれました。その才能に脱帽です。ありがとうございます。

僕自身だけでなく、千葉道場としても、ワタナベエンターテインメントとの連携を色々と模索していきたいと思ってます!

長文お読みいただきありがとうございました😊

NEWSPICKS.COM
左からスペースマーケット代表取締役CEOの重松大輔氏、ワタナベエンターテインメント代表取締役会長の吉田正樹氏 さまざまなスペースを1時間単位で貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を展開するス....

休日の避暑地。
これだけ話題になっている高齢者の運転の傍若無人を目撃。
体調とか病気とかいうもんではない。
混雑するタクシー乗り場に侵入して降車させ、
みんなが睨むと睨み返す白髪の偉丈夫な男性。

さぞ社会的には地位のあった人なのだろう。運転していらっしゃるクルマの格がそれを物語っている。

タクシーの待ちスペースに割り込んで乗り込んで、
新幹線から降りてくる人を待つピカピカのクルマ、
注意されると5センチだけ移動(笑)


全員確信犯で何が悪いの、と思ってらっしゃる。


帰りのホームの待合は随分混雑していたが
やはり荷物でふた席分取ってなんら恥じることもないのは高齢者の群れ。

我が身を振り返りゾッとする。
若者から見ると僕もこちらの側の人だから。

最近の若者はという文句は古代エジプト文明からあるそうだが、
最近の老人は、というのはいつからあるのだろう。

令和はこの人達とどう折り合いをつけていくのかという時代になるのかな。

↑このページのトップヘ